| main | イベント「ART of PARAISO」 >>
2008.01.20 Sunday

NY報告


文/写真 秋友かんな


NYで開催されている美術展覧会
「アトミック・サンシャインの中へ - 日本国平和憲法第九条下における戦後美術」
のオープニングへ参加してきました。

展覧会の詳細はURL
[こちら]


参加アーティストには、大浦信行、オノ・ヨーコ、森村泰昌といったアーティストに加え、下道基行やヴァネッサ・アルベリーといった若手もセレクトされており、奥深い現代アートの世界を存分に楽しませてくれる(考えさせてくれる)作品がそろった展覧会でした。

その中に、沖縄県出身である照屋勇賢が含まれています。

ポイントはそこにあり、この展覧会のテーマである「平和憲法第九条」は沖縄なくして語れないものであり、また決して政治的に考えられるものではなく、芸術を通した「平和の在り方」を考えさせてくれる展覧会は、とても意義深く、とてもユニークな試みだと思いました。

今後沖縄も地元文化や芸術だけに留まらず、日本本土や世界中のユニークで、斬新で、洗練された芸術がもっともっと楽しめる環境をつくってほしいと思います。
内側の世界と、外の世界も観ることにより、新たなインスピレーションが生まれ、視野も広がり、沖縄文化と芸術を世界へ発信しようとした時、より良い魅力的な沖縄をアピールできると思うのです。



[画像左]インディペンデント キュレーター 渡辺真也さんとアーティスト オノヨーコさん
[画像右]ベアテ・シロタ・ゴードンさんといっしょに

[画像左]ホワイトチェス(オノ・ヨーコ)
[画像右]オープニング風景

[画像左]照屋勇賢さんのスタジオを訪ねて
[画像右]照屋勇賢さんとアートギャラリーラファイエットの秋友さん

[画像左]展示風景
[画像右]ヴァネッサ・アルベリーとPuffin Roomオーナーといっしょに



[おススメ情報]
NYへ行ったらぜひ行ってほしい… URLDia:Beacon美術館

想像を絶する広い空間に、美しくダイナミックな現代アートの数々を心ゆくまで堪能することができます。



BULATの紹介 



Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
                
Selected Entries
                
Categories
Search this site.
Links








  


Profile
Others